フローラ

乳酸菌はどのように発酵する?

今多くの食品が手軽に摂取できる時代になっています。
そのため好きな物ばかりを好んで食生活を送る人が増えています。
食事のバランスが崩れがちになり、食事の時間が不規則になることで、肥満体や生活習慣病になってしまう人も多いです。
生活習慣病は、動脈硬化、心疾患、糖尿病、ガンなど死に大きく関わる病気を生み出してしまいます。

このような生活習慣病を改善するために効果的なものとしてあげられるのが乳酸菌の摂取です。
乳酸菌は腸内環境を整える効果があり、生活習慣病の原因となる活性酸素や悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。

腸は私たちの体に必要な栄養素を吸収して、体全体に送り込む働きをしています。
そのため腸の環境が悪化して有害物質を活性化させてしまうと、体全体に有害物質を送り込むことになってしまいます
乳酸菌が生み出す善玉菌を増殖させることで、腸内環境を整えることができます。

乳酸菌は様々な研究が進み、菌の種類も豊富でいろんな効果があることが分かっています。
このような乳酸菌はどのように作りあげられているのでしょうか。

乳酸菌は、糖分を代謝させ発酵させることで多量の乳酸を作りあげます
その結果、体にとって有益な効果化をもたらすものが乳酸菌と呼ばれています。
その反対に、発酵させても悪臭や腐敗物になってしまう場合もあります。
代表的な物としてあげられるのが、ヨーグルトです。
ヨーグルトの製品名には、はっ酵乳と書かれています。
それは生乳に含まれる糖分を乳酸菌が分解させ、乳酸を作り上げて発酵させてできあがっているからです。

今色んな効果が期待できるヨーグルトは、加える菌の種類によって異なります。
よく耳にするものとしてはビフィズス菌やガセリ菌など腸内の善玉菌を増殖させるものが一般的です。
これら以外にもR-1、ビブレ菌、LG21などインフルエンザ予防や免疫力向上など特定の効果が得られるものの人気が高まっています。
これらの乳酸菌は、糖分を分解させ発酵させて乳酸を作ることで出来上がります。