フローラ

納豆と乳酸菌の相乗効果

今多くの人が便秘に悩んでいます。
便秘は身近な症状なので、あまり深刻にとらえていない人が多いです。
しかし慢性化してしまうと、便秘によって多くの病気のきっかけを生み出してしまいます。

便秘は体外に排出されるはずの老廃物が蓄積してしまっている状態を指します。
老廃物が腸にとどまっていると、腸内環境が悪化して悪玉菌という有害物質を増加させてしまいます。
発生した有害物質は腸で吸収されて体全体にいきわたり、肌荒れやがんなどの大きな病気のきっかけになります。
便秘だからと軽く考えるのでなく、腸内環境を改善して体全体の健康へとつなげていかなければいけません。

そこで腸内環境を整える効果があることで知られているのが、乳酸菌です。
乳酸菌は腸内環境をよくする善玉菌が豊富に含まれています。
乳酸菌には動物性と植物性がありそれぞれ特徴が異なります
動物性の代表的な物は、ヨーグルトなど乳製品の発酵食品です。
植物性では、漬物やキムチなどに含まれています。

これらの乳酸菌を積極的に摂取することで、腸の善玉菌が増殖して便秘し体全体の健康につながります。
乳酸菌を意識して摂取するだけでも大きく異なりますが、より相乗効果を得られるのが納豆菌の摂取です。

納豆も同じく発酵食品で腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、抗菌効果もあります。
またそれだけでなく乳酸菌を同時に摂取することで、相乗効果が得られることが分かっています。

納豆菌が作り出す成長因子の働きによって、乳酸菌が増殖することが分かっています。
納豆と相性がいい乳酸菌を含む食品といえばキムチがあげられます。
どちらも発酵食品で、腸内の善玉菌を増殖させるための相乗効果が得られます。

キムチは植物性の乳酸菌の一種で、動物性に比べると生きたまま腸に届きやすいという特徴があります。
そのため腸でしっかり善玉菌の増殖が可能になります。
納豆が苦手な人でも、キムチを混ぜることで癖が少なくなり食べやすいと感じる人も多いです。
より相乗効果を高める食品を摂取することで、腸内環境をよりよくしていきましょう。