フローラ

乳酸菌とクエン酸

近年において疲労感を感じやすい人が増えています。
年を重ねるごとに疲労感が蓄積しやすく、激しい運動をした後に筋肉痛や体のだるさなどの疲労を感じる人もいるでしょう。

体の疲労ときくと、多くの人が体内に蓄積した乳酸をイメージするでしょう。
特にスポーツ選手が試合や練習の後に、蓄積した乳酸を排出することで早い疲労回復を行っています。
そのため乳酸は体に悪影響を与えるものとして認識されていることが多いです。

しかし私たちが体にいいものとして積極的に摂取しているものの一つに、乳酸菌があります。
この乳酸菌も、実は乳酸を生成する腸内細菌と言われています。
疲労につながる乳酸と同じと思いがちですが、乳酸が形成される場所によって違う働きをします。

乳酸菌の場合は腸で乳酸を生み出すため、善玉菌として活躍し腸内環境を整える働きがあります。
ここ近年においては、不規則な食生活やストレスを抱え込んだりすることで、腸に悪玉菌が発生しやすくなっています。
そのため生活習慣病や、動脈硬化、ガンなどの大きな病気を生み出しています。
いかに腸に存在している悪玉菌を抑制し、腸内環境をよくする善玉菌を増殖させることが重要になります。

そこで大きな役割をしているのが乳酸菌の働きです。
乳酸菌は酸に弱いため生きたまま腸に届くことが難しいとされていました。
今では腸にいきたまま届くようにサプリメントや乳酸菌の研究が進められています。
そのためより体にいい効果をもたらす乳酸菌が摂取しやすくなっています。

これに対してもう一つの乳酸は、筋肉に蓄積するため疲労や筋肉痛につながってしまいます。
このような乳酸に対して効果的なのがクエン酸です。
クエン酸が摂取できる代表的な食品として、レモンやグレープフルーツ、梅干しなど酸味が強い物がお勧めです。
クエン酸は乳酸を老廃物として排出させる働きがあり、早く疲労回復につながります
クエン酸によって不必要な乳酸が排出されて、本来必要とされる乳酸は乳酸菌が腸にまで届くことで、腸内環境をよくすることにつながります。