フローラ

れんこんと乳酸菌

今子供から大人まで幅広い年代で、アレルギー症状に悩まされている人が増えています。
赤ちゃんの頃から過剰なアレルギーが発症してしまう可能性があり、慎重になっている親御さんも増えています。
また大人になってからアレルギー症状が発症する場合や、妊娠出産を機に体質が変わりアレルギーを発症する人もいます

アレルギーの中でも特に身近な物としてあげられるのが、花粉症です。
冬が終わり暖かさを感じるころになると、テレビや雑誌等で花粉情報を目にします。
花粉症は半数近くの人がアレルギー反応を示すといわれ、様々な花粉対策グッツが販売されています。

重症化してしまう人は花粉症の症状が出る前に、病院で処方箋を受け取って症状を緩和させている人も多いです。
花粉症の薬は人によって、眠気やだるさなどの副作用を感じてしまい日常生活に支障をきたす場合もあります。

食生活で意識的に摂取することで、花粉症対策になる食品があります。
それがレンコンと乳酸菌です。
レンコンと乳酸菌が花粉症改善のイメージにつながらない人が多いでしょう。
レンコンと乳酸菌の組み合わせが、アレルギー対策にとても効果があるということが分かっています。

レンコンは8割近くが水分でできていますが、アクがあるのが特徴の一つです。
アクはポリフェノールの一種で、タンニンによって生み出される成分です。
タンニンには強い抗酸抗酸化作用と殺菌効果があります。
タンニンだけでなく食物繊維も豊富に含まれているため、整腸作用によって腸内環境が整い免疫力が向上します。
この抗酸化作用には抗アレルギー効果もあるため、花粉症にも効果があります。

それと同時に乳酸菌を摂取することで、腸内に善玉菌が豊富になり腸内環境をより整えやすくなります。
レンコンも乳酸菌も整腸作用が強いため、腸内環境を整えて免疫力や抗アレルギー効果を倍増させることができます。

最近ではレンコン乳酸菌と呼ばれる健康食品も販売されています。
レンコンと乳酸菌の有効成分を手軽に一緒に摂取できるので、花粉症対策にも相乗効果が期待できます。