フローラ

腸内フローラと乳酸菌

私たちの体は毎日の食生活によって摂取したエネルギーを分解して、吸収して体全体に送り込まれます。
栄養分解は各消化器官でおこなわれ、最終的には腸ですべての栄養素が吸収されます。
そのため腸の働きはとても重要視されています。

腸の中でも回腸から大腸にかけて、様々な腸内細菌が種類ごとに沢山存在しています。
その様子が種類ごとに咲いている花畑がイメージされることから、腸内フローラと呼ばれています。

この腸内フローラには、一定数の腸内細菌が存在しています。
この腸内細菌が、善玉菌と悪玉菌に分かれていてどちらが多いのかによって腸内環境が大きく異なります。

善玉菌が多い場合は、大腸が正常に働き体に必要な栄養素がしっかりと送り届けられます。
逆に悪玉菌が増殖してしまうと、腸内環境が悪くなり有害物質を生み出してしてしまいます。
その結果体中に有害物質が送り届けられ、動脈硬化やがんなどの発症につながってしまいます。
いかに腸内フローラはストレスや偏った食生活、不規則な生活習慣などによって大きく変化します。
このような生活環境になると、悪玉菌が増殖して腸内フローラが腐敗してしまい、老化や病気の原因を生み出します。

腸内フローラは常に善玉菌が優位であることが望ましいといえます。
そのために効果的な働きをしてくれるのが乳酸菌の存在です。
乳酸菌は善玉菌と同じ働きをするため摂取することで腸内環境をよくすることができます。

一番理想的な方法としては、乳酸菌が生きたままで腸に届くことです。
腸にたどり着くためには、胃酸や胆汁の影響を受け死滅してしまう場合もあります。
最近ではこのような影響を受けにくい乳酸菌の接種法が増えてきています。
中でも乳酸菌のサプリメントの開発は、より乳酸菌を効率よく摂取することができます。
また乳酸菌の中でも漬物やキムチなどの植物性乳酸菌は、胃酸に強く生きたま腸に届きやすいという特徴があります。

乳酸菌は死滅した状態でも、腸内の善玉菌の餌となって善玉菌が活発に働くためのサポートをしてくれます。
毎日の生活に乳酸菌を取り入れ腸内フローラルの環境をよくしましょう。